The Seaside work

ベトナムの海辺街ダナンで働く社長のブログ。筋トレをしながらベトナム事情にタッチ。

ベトナム・ダナンで猫を去勢しました 1

f:id:is0me2:20170919110519j:plain

オスの小鉄(写真左)とメスの麦(写真右)

子猫が2匹拾われたので里親を探しているという話があったのが半年前でした。

拾った人の家では大きな犬がいるので飼えないらしく、我が家に来た二匹はまだガリガリで生後2週間くらい。幸いにもすぐにトイレを覚え、キャットフードも食べてくれたのですくすくと育ちました。

ベトナム流猫の飼い方は日本よりもワイルドです。

夕食の残りものをあげたり、汚れたら水道でわしゃわしゃ洗います。

流石にウチでは栄養バランスの良いキャットフードを数種類ローテーションであげたり、週末はシャンプーしていますが、トイレ砂代も入れて月に2500円程かかっていると言うとベトナム人に驚かれます。猫にお金をかけすぎ!って。

家から外に出れる猫については、出かけて帰って来ない時(パートナーを見つけたか、他の家に住み着いたか)は、猫の好きなようにさせるとのこと。

そういえば、友人の実家に猫が住み着いて1年くらい暮らしたらいなくなったそうです。なんか自由ですよね。

病院に予約

病院は住宅街の、54 Nguyễn Phẩm, Hòa Cường Bắc, Đà Nẵng にあります。

f:id:is0me2:20170919153530j:plain

20時までやっているので仕事帰りにも寄れますが、念のため電話で連絡しておいた方が良いと思います。

私たちが行ったら、先生と助手2人が玄関で待っていてくれました。

英語が少し通じますが、ベトナム語が話せる人と一緒に行くのが良いと思います。

私たちが受診している時もベトナム人と一緒に欧米人が来院していました。

f:id:is0me2:20170919130528j:plain

問診、麻酔、いきなり入院

病院に到着して、先生から聞かれたのは、生後何ヶ月くらい?のみでした。

麦は1.5kgしかなく細いのですが、だいたい半年以上なら大丈夫とアバウトな回答。

そして、電話した時点では「とりあえず連れてきて」と言われたので、今回は手術日を決める初診と思いきや、問診しながらいきなりの麻酔。

え、病院に行く前に、水を飲んだり、おやつも食べていますよ。

それもまぁ、OK

とアバウトな回答。

10分くらいで猫たちは寝てしまい、今後を説明されました。

  1. 小鉄(オス)は1泊して明日退院できる。
  2. 麦(メス)は5日泊くらい入院する。2匹が相手の患部を舐めないようにするため。

無事戻ってくるかな・・・。

麻酔で寝る直前、猫たちの目の焦点があってなくちょっと怖かったです。

声をかけると、眠いのにがんばってこちらに来ようとする姿に感動です。(親馬鹿)

猫たちよ、がんばっておくれ。

(次回に続く)

www.theseaside.work